Cart

/Commerce/Cart/YourCartIsEmptyText

AUTOGRAPH SOUND

新型コロナウイルス感染症との生活に世界が慣れるにつれ、ロンドンの劇場から「ゴーストライト」が徐々に消えつつあります。有名なミュージカルが 1 つ 1 つ世界で最も活気あふれるシアターシーンに戻り、それと共に観客も戻ってきています。「ロンドンの伝説的な劇場が回復するにつれて、Autograph Sound は、Sennheiser の Digital 6000 ワイヤレスシステムの約 300 チャンネルを提供してきました。『ハミルトン』、『レ・ミゼラブル』、『オペラ座の怪人』、ディズニーの最新作『アナと雪の女王 』は、現在 Digital 6000 ワイヤレスシステムを使用しているミュージカルの一部です。Autograph と Sennheiser の連携は長く、Autograph がスターライトエクスプレスの有名な MKE サブミニチュアマイクを初めて使用し、ステージ上の高い雑音レベルに対処することに成功した1984 年に遡ります。Autograph が初めて購入した Sennheiser 完全ワイヤレスシステムは、SK 2012 トランスミッターと 21 チャンネルシステムの EM 1036 レシーバーでした。これは 1989 年に初演されたロイド・ウェバーのもう1つのミュージカル 『アスペクツ・オブ・ラブ』のためでした。その後、Autograph が購入した Sennheiser 製品は、進化する技術と主要なサウンドデザイナーの需要の継続に合わせて成長しました。2021年後半、コロナウイルス感染症の想像を絶する壊滅的な影響後、エンターテイメント業界は順調に回復し、SennheiserとAutograph の商業パートナーシップは発展し続けています。

新型コロナウィルス感染症流行後の需要の高まり


Autograph のオペレーションマネージャー、スコット・ジョージ氏(Scott George)は次のようにコメントしています。「近年、 Autograph は真のフルサービスオペレーションを展開し、サウンドデザイン、機器のレンタルと販売、イベント供給、技術サポート、コンサルティング、インフラ設計と設置、トレーニング、製品開発などを提供しています。しかし、当社の音響機器レンタル事業の第一の目的は、常にサウンドデザイナーの要望に応えることです。

現在当社の 6000 シリーズの在庫を使用しているロンドンの 8 つのミュージカルのデザイナーは、他の何よりもこのシステムを優先的に指定しています。当社が協働するデザイナーと彼らが実現するミュージカルの出来栄えが、最高の劇場に使用されている Sennheiser のワイヤレスシステムへの高い評価を雄弁に物語っています。」

単一公演用の Digital 6000 の50 チャンネル


現在の数々の公演に同時に利用されるチャンネル数には、驚くべきものがあります。1981年に Autograph が初めてワイヤレスを使用した時と比較すると、アンドリュー・ロイド・ウェバー / キャメロン・マッキントッシュが『キャッツ』を制作した時には、主役だけに 6 チャンネルを使用しました。『アナと雪の女王』、『レ・ミゼラブル』、『オペラ座の怪人』、『ティナ』はすべて 40 以上のチャンネルを使用していますが、『ハミルトン』、『プリティ・ウーマン』、『ウィキッド』はすべて 30 チャンネル以上を使用しています。ロンドンから離れた場所で上演された『ディア・エヴァン・ハンセン』は、比較的少ない12 チャンネルを使用しましたが、現在巡業中の『美女と野獣』公演では、少なくとも Digital 6000 シリーズの 50 チャンネルが使用されています。

「Sennheiser の長年のパートナーである Autograph は、過去数年間のシアター市場での Digital 6000 の成功に貢献してきました」と、Sennheiser のプロオーディオ部門ビジネス開発マネージャーである ケヴィン・ブラウン氏(Kevin Gwyther-Brown) は締めくくります。「Autographのお客様へのサポートのレベルが、当社の技術を駆使したより多くの公演につながっていることは素晴らしいことです。この強力な関係が長く続くことを望んでいます。」