Cart

/Commerce/Cart/YourCartIsEmptyText

シンガポール経営大学

世界一流機関のためのスマートなソリューション

顧客

2000年に設立されたSingapore Management University (SMU) は、ビジネス、政府、社会に影響を与える、世界的に関連性のある問題に取り組む学際的・複合的な研究で認められています。その革新的な体験学習を取り入れた特色ある教育は、グローバル市民、起業家、変革者の育成を目指しています。SMUは、そのシティ・キャンパスを通じて、産業界、政策立案者、学術機関との連携により、シンガポール国内外に有意義な影響を与えることに注力しています。

 

課題

Singapore Management University (SMU)には、学部、大学院の専門課程、大学院の研究課程を合わせて12,000人以上の学生が在籍しており、セミナールームは1日最大15時間使用されています。教職員や講師は、Learning Space Technologiesを利用して授業を行うので、授業開始前にマイクロホンをフル充電しておく必要があります。バッテリーの残量が少なくなると、ITサポートのオンサイトエージェントが直ちにバッテリーを交換します。そのため、マイクロホンのバッテリー残量、ゲインレベル、EQ設定を遠隔でモニタリングし、常に準備万端であることを確認できることは、特にオンライン授業が行われたCOVID-19パンデミックの際には非常に重要でした。

 

ソリューション

SMUキャンパス内の5つの建物に100チャンネルのSpeechLine Digital Wirelessが設置されました。Control Cockpitソフトウェアで制御されるこのマイクロホンシステムは、突然のバッテリー切れや、常にバッテリーを交換しなければならないという問題を解決しました。このアップグレードにより、SMUは安定した信頼性の高いオーディオビジュアル環境を手に入れ、学生や職員に卓越したオーディオ体験を提供できるようになりました。

「Control Cockpitソフトウェアは、さまざまな問題が発生したときに、事前に割り当てられたさまざまな担当者や電子メールアドレスに電子メールで通知を送ることができるので、本当に感謝しています。これにより、私たちは迅速に問題に対処し、解決できます。ホストPCはスケジュール通りに情報を送信し、信頼性も高いです。これは、外出が多く、セミナールームから遠く離れた場所にいることが多いチームにとって、特に有益です」

Jacob Teo、シニアテクノロジーソリューションエンジニア、Integrated Information Technology Services、SMU

SMUには8つの建物、126のセミナールーム、3つのホール、5つのイベントスペースがあります。セミナールームは1日15時間まで利用可能で、昼夜両方の授業に対応しています。Covid-19の期間中、毎朝15~30回のハイブリッド授業が行われました。生徒がバーチャルに参加するこの新しい授業方法では、マイクロホンと音質が重要な役割を果たします。SpeechLine Digital Wirelessは、音声の明瞭性を毎日確保できる信頼性の高いシステムです。

SpeechLine Digital Wirelessを導入し、Control Cockpitソフトウェアを使用する以前、SMUの現場のエンジニアはマイクロホンをリモートでモニタリングすることができず、マイクが常に新しいものであるように充電式電池の入ったバッグをキャンパス中に持ち歩かなければなりませんでした。さらに、マイクロホントランスミッターを紛失した場合、紛失した機器の場所を特定するために、その日の部屋の利用者全員にメールを送らなければなりませんでした。エンジニアリングチームは、マイクロホンのイコライザー設定や無線周波数帯域を手動で調整しなければならないなど、他の課題にも直面していました。また、新しいアップデートをネットワーク経由でトランスミッターにデジタルでプッシュすることもできませんでした。これらの重要なプロセスは全て、エンジニアが物理的に立ち会う必要があり、非常に労力と時間がかかるものでした。

 

よりハードに働くのではなく、よりスマートに働く。Singapore Management Universityでの仕事と学習体験の向上

通常の学校では、朝8時ごろにマイクロホンのスイッチを入れ、まもなく始まる授業に備えます。スイッチがオンになると、マイクロホンの状態がControl Cockpitに反映されます。SMUの現場エンジニアのワークフローは合理化され、ラップトップやモバイル機器からバックエンドの全てを監視・管理できるようになり、はるかに効率的になりました。Control Cockpitは、マイクロホンを使用しているセミナールームをリモートで識別するだけでなく、バッテリーの健全性をチェックし、各マイクの出力レベルをモニターすることもできます。これにより、エンジニアは事前に、あるいは必要なときに迅速に支援を提供できます。

SMUチームは、3バンドのカスタムイコライザーを使えることを喜んでいます。このイコライザーは、フィードバックの問題を微調整し、迅速に排除する柔軟性を提供します。必要であれば、現場のエンジニアがセミナールームの後方に座り、教員用のマイクロホンのミックスを調整することもできます。さらに、エンジニアは会場の大きさに応じて、個々の部屋内のマイクロホン範囲を制限することもできます。マイクロホンが圏外になったり、部屋の外に持ち出されたりすると、通知を受け取ることができます。これらのインシデントが発生した場所と時間が記録され、ユーザーへのフォローアップが簡単に手配できます。 

シンガポールでは信頼性が高く、一般的に使用されている2.4 GHzとUHF帯域で動作するマイクロホンを揃えている他、現在ではDECT 1.9 GHz帯域のマイクロホンも揃えており、これは将来的にも有効な投資となります。3つの異なる帯域幅で動作するこの装置により、SMUは授業中やイベント中の音声のドロップアウト率や品質を比較できます。また、自動周波数管理機能により、配備がより簡単になりました。

教員も学生も、新しいオーディオソリューションがもたらしたユーザー体験とオーディオ体験の向上に満足しています。これらには以下が含まれます:

• 対面式の授業では、セミナールームの大きさの関係で、教員は、音声を維持し、明瞭でクリアな授業を行うために、SpeechLine Digital Wirelessマイクロホンシステムに頼っています。

• バーチャルクラスでは、音声はSpeechLine Digital Wirelessでキャプチャーされ、SMUのネットワークを通じて、遠隔地から参加している学生に直接送られます。SpeechLine Digital Wirelessは、COVID-19が大流行している間、生徒が集中した学習環境で良好で信頼できる音質を享受できるようにするために重要な役割を果たしています。

SennheiserのSpeechLine Digital WirelessとControl Cockpitソフトウェアの導入により、MU Learning Space Technologyはプロセスとワークフローを改善しました。同大学は、ハイブリッド学習におけるオーディオ機能を強化し、教員と学生に世界クラスの体験を提供し続けるために、ワイヤレスシステムに投資しました。


SpeechLine Digital Wirelessの詳細をこちらでご覧ください。

 

Singapore Management Universityウェブサイト